1. ホーム
  2. 家電
  3. 季節・空調家電
  4. 除湿機
  5. アイリスオーヤマ 除湿機 空気清浄機付 衣類乾燥 1台2役 イオン搭載 除湿量12L タイマー付 湿度センサー付 空気汚れモニター付 PM2.5 花粉 99.97%除去 DCE-120 ホワイト
正規品販売! 少し豊富な贈り物 アイリスオーヤマ 除湿機 空気清浄機付 衣類乾燥 1台2役 イオン搭載 除湿量12L タイマー付 湿度センサー付 空気汚れモニター付 PM2.5 花粉 99.97%除去 DCE-120 ホワイト ckseaveylaw.com ckseaveylaw.com

アイリスオーヤマ 除湿機 空気清浄機付 衣類乾燥 1台2役 イオン搭載 除湿量12L タイマー付 湿度センサー付 空気汚れモニター付 PM2.5 花粉 99.97%除去 DCE-120 ホワイト

16845円

アイリスオーヤマ 除湿機 空気清浄機付 衣類乾燥 1台2役 イオン搭載 除湿量12L タイマー付 湿度センサー付 空気汚れモニター付 PM2.5 花粉 99.97%除去 DCE-120 ホワイト




商品サイズ(約cm):幅34.3×奥行30×高さ61.7
本体重量(kg):14
主要材質:ABS樹脂、スチール
【消費電力】空気清浄+除湿(自動) 50Hz:295W 60Hz:315W/空気清浄のみ:45W
定格周波数:50Hz/60Hz●定格除湿能力※1:12.0L/日●空気清浄機の適用床面積※2:17畳(28平方メートル)
除湿可能面積の目安※3/木造和室:15畳(25m2)/プレハブ洋室:23畳(38m2)/鉄筋コンクリート:30畳(50m2)●水タンク容量:約4Lで自動停止●電源コードの長さ:約2.0m
交換フィルター/集塵フィルター:DCE-120HF(HEPAフィルター)/活性炭フィルター:DCE-120TF※1 室温27℃、湿度60%を維持し続けたときの、1日(24時間)あたりの除湿量です。※2 最大風量運転時((一社)日本電機工業会規格JEM1467による)※3 JEMA((一社)日本電機工業会)規格に基づいた数値です。除湿機能と空気清浄機能の2つの機能を兼ね備えた空気清浄機能付除湿機です。空気をきれいにしながら除湿するので、花粉の多い時期の室内干しや冬場の結露にも活躍します。空気の汚れを5段階の色で点灯表示し、部屋の状態をすぐに把握することができます。多様な機能を搭載し、空気清浄・空気清浄+除湿の2つの機能、自動・手動・弱運転・衣類乾燥の4つのモードが搭載されています。衣類乾燥モードを使用の際にスイングを併用することで、洗濯物にまんべんなく風を当てることができるので衣類が早く乾燥します。就寝時の止め忘れ防止には、自動で止まる切タイマーが付いています(1時間単位で12時間まで設定可能)。HEPAフィルター採用で花粉やアレル物質・たばこの煙・かびの胞子などを捕集します。活性炭フィルター採用でたばこなどの気になるニオイをしっかり吸着し脱臭します。消費電力(50Hz/60Hz)空気清浄+除湿:295/315W空気清浄のみ:45W電源:AC100V

アイリスオーヤマ 除湿機 空気清浄機付 衣類乾燥 1台2役 イオン搭載 除湿量12L タイマー付 湿度センサー付 空気汚れモニター付 PM2.5 花粉 99.97%除去 DCE-120 ホワイト

15時までの注文で当日出荷可能! DJ-LTS8J-W ホワイト 衣類乾燥除湿機 デシカント方式 木造10畳 鉄筋20畳
15時までの注文で当日出荷可能!  DJ-LTS8J-W ホワイト  衣類乾燥除湿機 デシカント方式 木造10畳 鉄筋20畳


オクタウィアヌスの時代から始まる元首政について、東京書籍版「世界史B」と山川出版社版の教科書・参考書を見比べると、本当にちょっとした表現があるかないかということだけで「わかりにくい」、「わかりやすい」に差が出るんだなぁということに気づきます。元首政というのはやや特殊な政治形態なので、どうも高校生にはなじみにくく、理解しにくいようで、特に「元老院を尊重するってどういうことか」というのが分かりにくいようです。ローマの前期帝政における元首政(プリンキパトゥス)と後期帝政における専制君主政(ドミナトゥス)の違いについて説明する際、よく「前者は共和政の伝統や元老院を尊重したけれども後者は元老院を無視した。」というような説明がされることもあり、「元首政=共和政の伝統や元老院の尊重」という構図は出来上がるのですが、これだけだと元首政とは何ぞやということが分かりづらいのですね。東京書籍版「世界史B」の元首政に関する説明は、そうした意味で十分なものとは言えません。 

27年に元老院からアウグストゥス(尊厳なるもの)の称号を贈られたオクタウィアヌスは、共和政の伝統と元老院の威光を尊重しながらも、万人にまさる権威をもつ第一人者(プリンケプス)として統治する、事実上の皇帝となった。ここに帝政(元首政)がはじまったのである。(東京書籍「世界史B」、2016年版、p.51

 ここでは、たしかに元老院の尊重や権威の利用といった元首政の特徴は述べられているのものの、形式上は共和政の枠内で各種要職を兼任することによる独裁権力を掌握するという、権力行使の実態面については全く触れられておりません。さすがに「えらいよね~、すごいよね~」だけで政治権力が動くはずがないということには高校生でも気づきますので、「元老院を尊重するって何じゃい」という疑問が出てきても仕方ない記述になっています。ちなみに、専制君主政が出てくる箇所をはじめ、ローマ史について記載のある個所をひと通り見てみましたが、これ以外に元首政の仕組みについては触れられておりませんでした。一方、山川版の教科書は字数こそほとんど差がないものの、ある一文を入れることで劇的にその内容が分かりやすくなっていました。 

 権力の頂点にたったオクタウィアヌスは、前27年に元老院からアウグストゥス(尊厳者)の称号を与えられた。ここから帝政時代が始まった。彼はカエサルとは違って元老院など共和政の制度を尊重し、市民の中の第一人者(プリンケプス)と自称した。しかし実際にはほとんどすべての要職を兼任し、全政治権力を手中におさめていた。この政治を元首政(プリンキパトゥス)といい、事実上の皇帝独裁であった。(山川出版社「詳説世界史B改訂版」、2016年版、p.44

この赤字の部分が肝ですね。これがあるかないかで読み手の理解の進み方がずいぶん違ってくるのではないかと思います。同じく山川出版社の「新世界史B」ではこのあたりのところがより詳しく出ておりますので、さらに分かりやすくなっています。

…オクタウィアヌスは、戦時に保有していた軍指揮権などを国家に返還したが、前27年に元老院からアウグストゥス(「尊厳なる者」の意)の称号を与えられ、数多くの属州の統治もゆだねられた。アウグストゥスは、属州の防衛と治安維持のために再びローマの軍隊を指揮下に入れ、まもなくコンスルや護民官の職権も手に入れて、国家宗教の再興神官ともなった。彼はローマ国家の伝統の回復と共和政の尊重を表明し、元老院の「第一人者」(プリンケプス)として振る舞ったため、形式上は共和政が継続しているものの、実際には彼一人が国政上の権限のほとんどすべてを手にしており、「皇帝」の名に値する独裁者であった。(山川出版社「新世界史B改訂版」、2017年版、pp.42-43

まぁ、これだけ書けば分かりやすくなるのは当たり前なのですが、やはり上に示した山川の「詳説世界史B」の赤字部分はかなり大事な要素なんだなぁということが分かります。もっとも、これは別に東京書籍版はダメで、山川版が良いという単純な話ではありません。東京書籍版にも良いところはたくさんあります。それぞれの教科書に一長一短があり、元首政の説明では山川版の方が分かりやすいなぁというだけです。ちなみに、教科書ではなく参考書ですが、『詳説世界史研究』には、アウグストゥスの権力と権威について以下の事柄が示されています。(木村靖ニほか編『詳説世界史研究』山川出版社、2017年版、p.58

 

【制度上の権力】

 インペラトル(最高軍司令官)

 属州総督命令権

 執政官

 護民官職権

 戸口調査官職権?(人口調査を行う権限)

 最高神官

元老院主席

元首(プリンケプス・最高裁判権を持つ)

【名誉・権威の称号】

 最高司令官・カエサル・神の子・アウグストゥス

【栄誉の象徴】

 アウグストゥスの4つの徳を讃える黄金の楯、月桂樹の冠、カシワの葉の飾りが邸宅におかれる。(いずれも共和政期の国家に貢献した人物に与えられた名誉の飾り。)

 

 ほんまに片っ端からっていう感じがよくわかりますね。制度の利用の仕方や解釈の仕方次第で独裁権力を確保できるということはいつの時代もあまり変わりません。ここでは元首政について教科書内での表現の差についてお話ししましたが、元首政と専制君主政について専門書まで行かなくても、もうちょっとだけ詳しい内容を見たいという場合には桜井万里子、本村凌ニ『世界の歴史5:ギリシアとローマ』中央公論社、1997年(pp.322-325)や同じく本村凌ニ『興亡の世界史04:地中海世界とローマ帝国』講談社、2007年(pp.224-227306-311)あたりは、たいていの図書館に置いてあるでしょうから読み物として読みやすい気がします。いずれにしても、何かを伝えようとする場合に大切な要素は何かということをあらためて考えさせられました。

 

(注:掲載当初、2003年の小論述が1問抜けていましたので、修正しました。[2022.3.31])

 今回は東大第2問の分析です。東大というと大論述が「どーん」とあるので、とかくそちらに意識が集中しがちですが、以前からたびたびお話している通り、大論述が「ガッツリ書けて」かつ「シッカリ点数が取れる」という受験生はまれです。合格点を考えても、内容的にも、大論述で点数が取れるようにすることも大切ではありますが、それ以上に2問、第3問で点数の取りこぼしをしないということを重視するべきなのです。ただ、第2問、第3問については東大受験生の最終的な(受験時の)平均値を考えた場合、ほとんどの問題は基礎的な内容にとどまり、教科書なり参考書なり用語集を見れば解決できてしまうので、特に当ブログでご紹介することはありませんでした。どうしても心配な場合には、東大過去問をベースにつくられた対策問題集などが市販されていますので(駿台の『テーマ別東大世界史論述問題集』など)、そうしたものや東大やその他100字前後の論述問題が収録されている問題集や他大過去問を解くことで練習しておくと良いでしょう。まれに、「むむ?これは!」と受験生をうならせるような難問が出題されることもあります。2008年の「ゴラン高原領有をめぐりイスラエルが主張の根拠とする1923年の境界はいかなる領域間の境界として定められたか」などは多少しんどいかなと思いますし、2002年の段階で「ジャーギール制とティマール制の共通の特徴」を問うのはちょっと無茶が過ぎるだろうと思います。(現在ではそこまで難しくはありませんが。)

ですが、これもしばしば申し上げるように、難しい問題は他の受験生もできません。ということは、その問題によって点差が開くことはほとんどないのであって、それを気にしても始まりません。(出題された翌年度以降は受験生にとっての共通認識になっていくので、ほったらかしにするのではなく、見直しはしっかりしておく必要があります。) むしろ「本番でオレ様ができない問題は周りもできねぇ。」と思えるくらいの自信を日々の学習で培っておくことの方が重要な気がします。

問題の内容的な面はともかく、出題の全体的な傾向を把握しておいて損はないかなと思いますので、1985年から2022年までに東大第2問で出題された問題のうち、論述問題(1行以上の字数で説明を求める問題)の一覧を作成し、簡単な傾向分析を行ってみました。これからご紹介する表をご参照いただくにあたって注意すべき点は以下の通りです。

 

① 一覧に示されているのは原則として設問の要求・概要です

② 一部、論述にくっついて用語を要求する設問などについては解答を示してあります

③ 「行数」は純粋に「〇〇行で書きなさい」という設問のみカウントし、単問式の設問に要する行数はカウントしていません

④ 1996年~2002年については単問式の設問数が多いため、論述問題以外は概要の表のデータから除外しました

⑤ 分野分析の各単元は、基本的には『詳説世界史研究』山川出版社、2017年度版の章立てに依拠していますが、一部タイトルを変更したり、まとめているものがあります

ex.) 「近世ヨーロッパ世界の形成」と「近世ヨーロッパ世界の展開」を「~の形成と展開」など

⑥ 対象となる設問がどの分野に属するかについては、設問の肝となる部分を考慮してキーとなる用語を索引で調べ、設問内容と照らして妥当と思われる箇所に分類しました(複数分野に重複して数えることは避けました)

⑦ 殷・周~秦・漢までは、中国史の出題とその他をはっきり分けてとらえたかったため、「内陸・東アジア世界の形成と展開」の方に含めています(本来はアジア・アメリカの古代文明に分類されていました)

 

【東大第2問:設問概要と論述問題の行数】

:表中の赤字は単問式設問の解答です。全体を通しての平均合計行数は11.6でした。


1985年~1989年)


1990年~1999年)


2000年~2009年)


2010年~2022年)


【東大第2問:分野別分析(1985年~2022年)】


:「アジア諸地域の繁栄」、「アジア諸地域の動揺~帝国主義とアジアの民族運動」、「内陸・東アジアの形成と展開」が上位3つとなりました。「アジア諸地域の動揺~帝国主義とアジアの民族運動」は多少対象範囲が広いので参考程度ですが、やはり中国史関連の出題はかなり多いという印象を受けます。また、「アジア諸地域の繁栄」の数が多いのは、中国史(明・清)だけでなく、オスマン帝国やムガル帝国などの出題が多いことも原因です。「イスラームの形成と発展」はそこまで多くありませんが、近代史では民族運動とからんでイスラームと関係する出題が出されたり(ワッハーブ派など)、現代史ではパレスティナ問題にからむ設問がたびたび出題されるなど、やはり全体としてイスラームの印象も色濃い気がします。ヨーロッパ単体(ヨーロッパだけで話が完結する設問)は全体からすればそれほど割合は高くありません。目立って出題が少なかったのは「アジアアメリカの古代文明」でしたが、これは上述の通り「殷・周~秦・漢」を「内陸・東アジアの形成と展開」の方に含めて計算したことが影響しているかと思います。もっとも、「アジアアメリカの古代文明」からの出題のうちほとんどは初期仏教の誕生や伝播にかかわる設問で、古代アメリカからの出題は2000年の「インカ帝国の交通・情報手段(1行)」のみでした。

 

(分野別分析:2003年~2022年)

マックス ビーポップ標準屋外用シート300幅 黒 SL-631N2

 直近の20年ほど(2003年~2022年)で見ると、全体を通してみたときよりもアジア世界の優位性が相対化され、あまり目立たなくなっています。「オリエントと地中海世界」や「ヨーロッパ世界の形成と展開」の割合がやや増え、まんべんなく出題されている印象があります。

また例によってかるぱっちょ様より、Twitter見出し用のアイキャッチイラスト(マリ=アントワネット)をお描きいただきました。ありがとうございます♪

↑このページのトップヘ

CKSEAVEYLAW.COM RSS